トップページ  > よくあるご質問

プラクティショナーによって、効果に違いはありますか?

受けるにあたり注意することはありますか?
受けるコツなどはありますか?
セッションはどのように行われますか?
ヒーリングセッションの時間はどの位必要ですか?
どんな体験ができるの?
今までのヒーリングとの違いは?
病院・施設でヒーリングしていただくことは可能ですか?
リコネクティブヒーリングとリコネクションの違いは何ですか?
ヒーリングやリコネクションを受けるにあたっての注意事項はありますか?
何回くらい、どのくらいの頻度で受ける必要がありますか?

セッションはどのように行われますか?
どちらを受けたらよいのでしょうか?

体も心も絶好調で、改善したいことがないのですが、大丈夫でしょうか?

妊娠しているのですが、セッションを受けることができますか?
年齢制限はありますか?
体が悪くてサロンまで行けません
体験談はありますか?
リコネクティブヒーリングに他のヒーリングを混ぜてはいけないと聞きましたが、それはなぜですか?
ヒーリングセッションの時間はどの位必要ですか?
リコネクティブヒーリング®は何回受けても大丈夫ですか?
他のヒーリングと比べて何が新しいのですか?
そちらまで遠くて行くことができません。遠隔でも受けられますか?
リコネクティブヒーリングは、肉体的な問題だけに効果があるのですか?
より効果的にリコネクティブヒーリングを受け取るにはどうしたらいいですか?
リコネクティブ・ヒーリング®の作用はいつまで続くのでしょうか?
現在悩んでいることについて、詳しくお伝えしないといけませんか?
レイキとリコネクティブヒーリングの違いは何ですか?
遠隔セッションを受ける際に気をつけることは?
ヒーリング中はどんな感じがしますか?
リコネクションは一生に何度も受けてはいけない?
病気は治りますか?
セッション料金に追加料金は発生しますか?
どのような服装で伺ったらいいですか?

リコネクションを受けている間、期間に注意することはありますか?

1日の内にリコネクティブ・ヒーリング®とリコネクション®1日目を同時に受けてもいいのですか?

セミナーに出なければ、ヒーリングをしてはいけないのでしょうか?

リコネクション®の前に、リコネクティブ・ヒーリング®を必ず受ける必要はありますか?

セッション中は寝ないで体験を覚えてないといけないのでしょうか?

 

よくあるご質問

プラクティショナーによって、効果に違いはありますか?

TA、公認プラクティショナー、認定プラクティショナーの人とでは効果が違うのですか?効果が一緒なら何故TAや、公認の人の料金が高いのですか? と疑問に思われる方が多いようです。

 

私、自身もセッションを受ける前に同じ疑問を持ちました。

 

エリック・パール博士はそれに対してこのように語ってます『純粋にリコネクティブ・ヒーリング、リコネクションを扱い、公正な対価の交換をしていれば、TA、公認プラクティショナー、認定プラクティショナーもみな、エリック・パール氏と同等のヒーリングができる』と言っています。

 

また、プラクティショナーが直接ヒーリングをおこなっているのではなく、あくまで高次なる宇宙がおこなっているのです。その視点から考えると、効果に違いがあるというのは矛盾が生じてしまいます。従って、どの様な立場でも効果の差はありません。料金についても適正価格内であれば、自由に設定してかまわないのです。金額によって効果の差を生むものではありません。

▲このページのトップへ

受けるにあたり注意することはありますか?

現在、通院中でお薬を飲んでいらっしゃる方は、服用を中止していただくことは必要ありません。
どんな服装でも構いませんが、身体が動いたりする場合もありますし、また毛布等はかけませんので、女性の方はスカートよりは、パンツ( スラックス )などの方をお勧めします。
香りのあるものは、つけないようお願い致します。これは、セッション中に「 においを感じる 」ことがあるからです。また、極度の満腹、空腹を避けて下さい。

 

▲このページのトップへ

受けるコツなどはありますか?

このリコネクティブヒーリングを受けるにあたり、一番大切なことは、 「 絶対にこのような効果が欲しい 」「 こうなりたい 」という期待を持ちすぎないことです。 それは、本人が期待するものとは違う形で癒しがもたらされる場合があるからです。

 

期待しすぎることで、「 起こるべきこと 」が起こらなくなってしまうことがあるからです。セッション中、施術者はクライアントにエネルギーを「送る」のではなく「 受け取る 」ように徹します。

クライアントは軽く目を閉じていますが、エネルギーを感じたり、音が聞こえたり、香りを感じたり、色や光を見たりと何かを感じ取る場合があります。

 

何を感じてもただそれを受け止め、リラックスして「 受け取る 」ことに徹し、その過程を楽しむことが「 リコネクティブ・ヒーリング 」を受けるコツになります。

 

▲このページのトップへ

セッションはどのように行われますか?

リコネクティブヒーリング及びリコネクション®はどちらもクライアントの身体に触れずに宇宙レベルの新しい周波数を伝える施術方法です。

 

▲このページのトップへ

ヒーリングセッションの時間はどの位必要ですか?

初めに事前説明を15分程をさせていただき、ヒーリングセッションを約30分程受けていただきます。その後簡単なヒアリングを15分程行いますので、 全体で約1時間程度になります。また、このセッションによるヒーリング効果は、セッション後もしばらくの間続きます。

 

▲このページのトップへ

どんな体験ができるの?

体験はさまざまです。期待しているようなことが起るかもしれませんし、起らないかもしれません。宇宙の高次の知性は、「 今 」あなたに何が必要であるかを理解しています。そして、宇宙の知性をとおして、あなたに必要なヒーリングが自動的にもたらされます。それは、心と身体と魂と、あらゆる側面で起ることです。

 

「 こうなるはず 」「 こうならなければならない 」というご自分なりの決めこみを手放して、ただ心を開いて受けとることにオープンになってみてください。そして、セッション中ご自身の内側で感じる感覚を楽しんでみてください。リラックスし、あるがままにプロセスを楽しむことにより、あなたはヒーリングの恩恵を最大限に受け取り、より自分らしい完全性に目覚めてゆくことでしょう。

 

▲このページのトップへ

今までのヒーリングとの違いは?

従来のヒーリングは、何かを足したり、取り除くことによって癒しをうながします。リコネクティブ周波数を使ったヒーリングでは、あなたの身体や心や魂を宇宙の豊かさにつなげることにより、ヒーリングが起るスペースへと導かれます。新たなレベルの周波数により、自動的にバランスのとれた完全な状態を取り戻してゆくことができます。

 

▲このページのトップへ

病院・施設でヒーリングしていただくことは可能ですか?

遠隔ヒーリングという選択もありますが、場合によっては出向いてのヒーリングも対応可能です。お問い合わせのページからご相談ください。ただし、注意事項でも述べているように、リコネクティブ・ヒーリングは、医療的な処置、治療にとってかわるものではありません。

また、特定の病気や症状が治るかどうかといった質問もよく受けますが、どんな効果が現れるかは保証できません。ヒーリングの結果についてはご自身で責任を持っていただきます。

 

▲このページのトップへ

リコネクティブヒーリングとリコネクションの違いは何ですか?

目的が違います。シンプルに説明すると、リコネクティブヒーリングは心や身体、スピリチュアル面のバランスを取り戻すことを目的とします。リコネクティブヒーリングの周波数を受け取ることにより、その人に今、最適な癒しが起こります。

 

リコネクションの目的は、受けた方の人生をより充実させることです。変化や進化を促進し、その人の人生をよりよいものにすることが目的です。具体的に身体が強くなる、意識が明確になり、自分にとって正しい決断がくだせるようになる、他を経験する方が多くいます。

 

また、どちらもリコネクティブ周波数を使ってセッションを行なうという共通点がありますが、リコネクションのセッションでは身体のエネルギーライン(経絡)を宇宙のエネルギーライン(グリッドライン)に再接続(リコネクション)するという点が違います。これは、一度再接続されると切り離れることはないと言われています。

 

▲このページのトップへ

ヒーリングやリコネクションを受けるにあたっての注意事項はありますか?

このヒーリングに関して信じていなくても構いません。癒しの効果は信じるか信じていないかによって変わることはないからです。

理想的には、「 ヒーリング 」が 宇宙の完全性との再結合を意味することを認識していただき、クライアントが癒しとして何を受け取る必要があるのかは、宇宙が知っているということをご理解 いただければ、自然と「 期待を手放す 」ことができると思うので、よりよい結果を生むことになります。

心配や恐れはなくして、プロセスを楽しんでいただければ一番です。

 

▲このページのトップへ

何回くらい、どのくらいの頻度で受ける必要がありますか?

「リコネクティブ・ヒーリング®」の特徴としては、3回のヒーリングによって「魂・精神・肉体」の完全なバランスを取り戻せるため、何回も受ける必要がありません。 3回でヒーリングは完結します。また、4回以上受けても悪影響の出るものではありませんが、それ以上は何回お受けられても同じです 。基本的には、それ以上の回数は必要ありませんし、3回で十分だからです。

 

エリック・パール博士は、一般的には3回受けることを薦めています。 3回のセッションを推奨している理由には、『それぞれのセッションが特別なものではありますが、特に3回目のセッションが特別なものになる可能性が多い』からだそうです。

 

また、エリック・パール博士は、『全ての答えは、あなたの内側にあります。どうぞご自身の直感でお決めください』と、このようにも言っています。

 

通常の場合は、一回目で必要な癒しがもたらされ、大きな気づきや状態の改善など、十分な癒しを受け取られています。

 

また、2回目、3回目で充分な癒しが起こる方など、お一人お一人異なりますので、ご自分の感覚・直感で必要と思われる回数をご自身でお選び下さい。

 

基本的には、1回~3回でその人に必要なことが確実に起こり始めます。 回数や間隔は、必須や強制ではなく、全てクライアントご自身の直感でご選択下さい。プラクティショナーが、回数や間隔を決め、判断することはありません。

 

リコネクティブ・ヒーリング後も、高次の知性をもった宇宙の周波数が働いておりますので、あらゆる面で永続的にヒーリングは続きます。そのため、リコネクティブ周波数をお受け取りになることで『魂・精神・肉体』それぞれに伝わります。 また、一度覚えてしまったものは永く続くため、メンテナンスのように定期的にお通いになる必要もありません。 依存関係のない、安心、安全なヒーリングとも言えるのではないでしょうか。

 

 

「 リコネクション 」は、1セッション(2回)でそれ以上お受けになる必要はありません。いったん、身体に存在する経絡を地球と宇宙のグリッドライ ンにリコネクト(再結合)すると、それが切断されてしまうことはありません。したがって、「 リコネクション 」は、一生に一度のセッションとなります。 また、1回目・2回目のセッションの間は、一晩~1日の間隔をあけて、72時間以内に2回とも終了します。

 

▲このページのトップへ

セッションはどのように行われますか?

リコネクティブ・ヒーリング®及びリコネクション®はどちらもクライアントの身体に触れずに宇宙レベルの新しい周波数を伝える施術方法です。

 

▲このページのトップへ

どちらを受けたらよいのでしょうか?

まず、リコネクティブ・ヒーリングを少なくとも 1度はお受けになることをお勧めします。リコネクションを希望される方でも、新しい周波数になれ、あらゆるレベルでバランスをとっておくことで、一生で一度のリコネクションの個人セッションの準備になります。

 

▲このページのトップへ

体も心も絶好調で、改善したいことがないのですが、大丈夫でしょうか?

ヒーリングは治療ではなく、バランスを取り戻すということなので、改善したいことがなくても大丈夫です。

また、すでにバランスが取れているかたでも、さらなる成長が期待できます。

 

▲このページのトップへ

妊娠しているのですが、セッションを受けることができますか?

ご安心ください。まったく問題ありません。 リコネクティブ・ヒーリング®でも、リコネクション®でも受けることができます。

 

▲このページのトップへ

年齢制限はありますか?

:特にございません。子供からお年寄りの方まで多くの方がセッションを受けています。

18未満の方は、親の方と一緒にご来店下さい。

 

▲このページのトップへ

体が悪くてサロンまで行けません

:当サロンでは、そのような方に対して「 遠隔リコネクティブ・ヒーリング® 」をお勧めしています。

 

▲このページのトップへ

体験談はありますか?

リコネクション®&リコネクティブヒーリング®の体験談は下記からご覧いただけます。

リコネクティブ・ヒーリング(体験談)

リコネクション(体験談)

遠隔リコネクティブ・ヒーリング(体験談)

体験者別の体験談(体験談)

体験者の直筆文(体験談)

 

 

▲このページのトップへ

リコネクティブヒーリングに他のヒーリングを混ぜてはいけないと聞きましたが、それはなぜですか?

他のエネルギーワークと一緒に提供している所もあるようですが。 ですが、エリック氏がプラクティショナー向けのセミナーで「 他のエネルギーワークと一緒に行わないでください。 」と話されていました。

 

これは、エリック氏の経験から、他のエネルギーと混ざってしまうと、ヒーリングの効果が薄れるということがわかったからです。 コッ プに一杯の水がコップの一番上のところまで100%入っています。この水がリコネクティブヒーリングです。純粋で透き通った水です。ここにもっとおいしく しようと思って、レモンやチェリーを加えます。するとスレスレまで入っていた水はあふれ出します。

 

純粋な水は85%になってしまいました。リコネクティブ ヒーリングはそれ自体が完全な状態です。そこに他のヒーリングや、余計な儀式などを加えることは、マイナスになることはあっても、プラスになることはない のです。 信頼できるプラクティショナーの方を選んでくださいね。

 

1つのグラスに、100%オレンジジュース、もう一つのグラスにミネラルウォーターが入っているとします。 2つのグラス、それぞれ一つずつ味わう時には2つとも美味しく飲めますが、混ぜてしまうと、「 薄い水っぽいオレンジジュース 」になってしまい美味しくありません。

 

▲このページのトップへ

ヒーリングセッションの時間はどの位必要ですか?

:初めに事前説明を15分程をさせていただき、ヒーリングセッションを約30分程受けていただきます。その後簡単なヒアリングを15分程行いますので、 全体で約1時間程度になります。

また、このセッションによるヒーリング効果は、セッション後もしばらくの間続きます。

 

▲このページのトップへ

リコネクティブヒーリング®は何回受けても大丈夫ですか?

リコネクション®は一生に1回限りのセッションとなりますが、リコネクティブヒーリング®は、何回受けていただいても差し支えありません。しかし、多くても 3回でヒーリングは完結し、 また、4回以上受けても悪影響の出ることはありませんが、基本的にそれ以上の回数は必要ありません。なぜならば、3回で十分だからです。

 

また、通常 3回以上受ける必要はありませんが、3回より多くのセッションが必要と考えられるケースは

 

A ) 新たな症状が現われたとき

 

B ) 3回のセッションで明確に わかる堅実な進歩をしていて、もう少し必要だと思われるとき

 

その時点で、あと数回のセッションをご検討されると良いでしょう。

 

リコネクション®は、一生に1回限りのセッションとなります。

 

▲このページのトップへ

他のヒーリングと比べて何が新しいのですか?

リコネクティブヒーリング®は包括的な周波数です。このエネルギー自体が知性を持っているため、クライアントにとって「今、一番必要な【癒し】をエネルギー自体が探し出し、ヒーリングを行っていく 」という点が新しいのです。

 

▲このページのトップへ

そちらまで遠くて行くことができません。遠隔でも受けられますか?

はい、リコネクティブ・ヒーリングのほうは遠隔ヒーリングで対応できます。効果は、対面と全く同じです。対面と遠隔の両方を受けられた方も何人かいらっしゃいますが、同じ感覚だったという感想や、遠隔のほうが体の感覚が強かったという感想もいただいています ( ただし、これは人それぞれ違います )。 距離はまったく関係ありません。

海外でも大丈夫です。 遠方の方や、対面セッションの時間が合わない方は、遠隔ヒーリングをご利用ください。 リコネクションは対面で行なう必要があります。

 

▲このページのトップへ

リコネクティブヒーリングは、肉体的な問題だけに効果があるのですか?

健康問題のすべては、肉体的、精神的、霊的、感情的な様々な要因のコンビネーションです。ヒーリングとはバランスを取り戻すことなのです。リコネクティブ ヒーリングでは、特になにも「 治療 」しませんが、ヒーリングはあらゆるかたちで現れます。リコネクティブヒーリングは医療行為ではございません。効果や結 果を保証するものでもありませんので、その点は十分にご理解いただければ幸いです。

 

▲このページのトップへ

より効果的にリコネクティブヒーリングを受け取るにはどうしたらいいですか?

深い癒しを体験するには、施術者は「自分が治す」という思いを手放し、クライアントも「 期待を手放す 」ということが大切です。「執着」はヒーリングを妨げるものですから、結果に執着せず、やってくる結果をただ受け入れることです。

施術中は、リラックスしてプロセスを楽しみ、意識の中に浮かんでくることに、ただ気づくだけでOKです。リコネクティブ周波数は、ベストなタイミングで、やがてあなたの中で花開いてゆくでしょう。

 

▲このページのトップへ

リコネクティブ・ヒーリング®の作用はいつまで続くのでしょうか?

ここではエリック・パール博士の言葉からご説明しましょう。

「ヒーリングは終点ではなくて道程なのだ。セッションが終わってからもヒーリングのプロセスが止まってしまうことはない。なぜなら終わりなど無いからだ。あなたは常に今よりも良い状態へと進化できるのだ。」と言われています。

 

▲このページのトップへ

現在悩んでいることについて、詳しくお伝えしないといけませんか?

リコネクティブヒーリングの場合、あなたの状況をセラピストにお伝えしても、されなくても、同じ癒しを体験されますから、特にお伝えいただく必要はありません。

宇宙には、私たちの知性をはるかに超えた知性が存在し、適切なヒーリングが自ずと起こってゆくでしょう。

 

▲このページのトップへ

レイキとリコネクティブヒーリングの違いは何ですか?

レイキや他のヒーリングと何が違うのか?はっきり言えることは、リコネクティブヒーリングは、「 リコネクティブ周波数 」といわれるエネルギーを用いて行われるヒーリングで、今までに無かった全く新しいヒーリングである。ということです。 また、リコネクティブヒーリングは、エネルギーを「 送る 」のではなく、「 受け取る 」ことで行います。

 

エネルギーが自動調整であることや、プラクティショナーはそのエネルギーの導管となるということが、レイキと良く似ていると言われるのですが、リコネクティブヒーリングは、クライアントの体を「 スキャン 」してエネルギーが弱いところにエネルギーを送ったりしませんし、体の反対側をヒーリングすることもありません。

 

▲このページのトップへ

遠隔セッションを受ける際に気をつけることは?

遠隔セッションを受ける方の多くは、ご自分のお部屋で受けていただくことかと思います。 その際は、明かりを少し落とし( 真っ暗ではなく、薄暗いくらいがちょうど良いかと思います )、音楽やアロマは使わないことをお勧めいたします。

 

ヒーリング中、音や声のようなものを聞いたり、香りを感じられる方もいらっしゃいますので、そういった体験の妨げにならないようにするためです。 また、音楽や香りは特定の記憶を呼び起こす作用があるため、記憶にとらわれずに純粋なヒーリング体験を妨げてしまう恐れがあります。 ( ヒーリングの効果が薄れるわけではありません。 )

 

▲このページのトップへ

ヒーリング中はどんな感じがしますか?

ヒーリング中、まぶた、指先などからだの一部が、軽い痙攣の様に不随意に動くのを感じる方、また目を閉じていますが、さまざまな色や光を感じるという方、ヒーリング中の体験は人それぞれです。 何も感じられないからと言ってヒーリングが起こっていないわけではありませんのでご安心ください。

 

▲このページのトップへ

リコネクションは一生に何度も受けてはいけない?

リコネクションは一度受ければ宇宙との再結合が完了します。ですから何度も受ける必要はありません。受けていけないことはありませんが一度で充分です。

 

▲このページのトップへ

病気は治りますか?

パール博士はこう説明しています。例えば4人のパー キンソン患者がいるとします。それぞれにヒーリングを行います。結果は3人に効果があり、病気が治ったとします。

 

しかし4人目には他の3人と同じような効 果がみられません。なぜなら、この4人目の人の人生の中で、まだ病気でいて学ぶことがあるからです。

 

また、たとえば、病気が治ったら、離れていってしまう 人がいて、それを恐れていて、病気を克服したいと思う反面、心のどこかでそれを拒否していることもあるのです。ヒーリングはすべての人にもたらされます。 しかし、結果を予測することは誰にもできないのです。

 

したがって、ヒーリングの効果については、いかなる保証もできません。 施術をするプラクティショナー本人にもまったく予想が付かないので、病気の症状の改善のお約束はできません。ヒーリングの結果にご自身で責任を持てる方のみに施術を行います。

 

▲このページのトップへ

セッション料金に追加料金は発生しますか?

ご安心ください、追加料金は一切発生いたしません。

 

▲このページのトップへ

どのような服装で伺ったらいいですか?

特に普段着で構いませんが、リラックスできるようなものがいいですね。スラックスをおすすめします。また、アクセサリーや貴金属をつけていても構いません。ただ、香水、コロンは控えて下さい。また、極度の空腹、満腹もさけて下さい。

 

▲このページのトップへ

リコネクションを受けている間、期間に注意することはありますか?

リコネクションの2回目が終了するまでは、他のエネルギーワーク(他の全てのヒーリング、オーラソーマ、フラワーエッセンス、ホメオパシー、ヨガ、気功、瞑想、除霊など・・・)は全てお避け下さい。純粋なリコネクティブ周波数に浸り、受け取ってください。

 

また、リコネクションは、2日間連続で受けられることが良いと言われています。

2回のセッションの間は、一晩~1日の間隔をあけて、72時間以内に2回とも終了します。

 

寝ている間もリコネクション®は、続いています。なぜならば、身体(肉体・エネルギー体とも)を調整する時間が必要だからです。

一晩しっかりと睡眠をお取り下さい。

 

▲このページのトップへ

1日の内にリコネクティブ・ヒーリング®とリコネクション®1日目を同時に受けてもいいのですか?

必ず1日につき、1つのセッションのみをお受け下さい。 リコネクティブ・ヒーリング®とリコネクション®は、同じ日には受けできません。

 

必ず1晩(1回の睡眠のサイクル)以上の間を空けて受けてください。 また、リコネクティブ・ヒーリング®を同日に2、3回受けても、1回のセッションと見なされます。 1晩(通常の睡眠時間)を間に入れるということが、最低条件となります。

 

▲このページのトップへ

セミナーに出なければヒーリングをしてはいけないのでしょうか?

家族や友人に本を紹介することはできますが、 セミナーを開いてリコネクティブ・ヒーリング®を教えることはできません。できるのは、Dr.エリック・パールを含めて世界で4名のみです。

一般的に、ヒーリングとは「起こすもの」だと考えられていますが、リコネクティブ・ヒーリング®とは、ヒーリングそのものになり、クライアントと共にそこに「在る」ということで、その結果、クライアントにヒーリングが起きるものです。

また、「起こす」のではなく「在る」という状態を実際に経験できる場所がセミナー会場です。 また、セミナーに参加しなければヒーリングをしてはいけないというものではありません。

 

▲このページのトップへ

リコネクション®の前に、リコネクティブ・ヒーリング®を必ず受ける必要はありますか?

必ずしも必要という事ではありません。リコネクション®の前にリコネクティブ・ヒーリング®をお受けになる事をお薦めしていますが、 あくまでも、プラクティショナーがそれを決めるのではなく、お客様の選択に委ねられています。

 

お薦めする理由としては、この特別なセッションの前に、あらかじめ、周波数になれていただくこと、ヒーリングによって、あなた自身のバランスを取り戻しておくこと、などが準備とし てなされていると、この一生に一度だけの、特別なセッションが、より大きな変化をもたらしてくれると期待されるからです。

 

▲このページのトップへ

セッション中は寝ないで体験を覚えてないといけないのでしょうか?

セッション中に何か特別な体験をされるかもしれないので、なるべく眠らないようにされることをお薦めしています。しかし、寝たからといって、効果に違いはありません。ご自身で楽な方、お好きな方をお選び下さい。

▲このページのトップへ

>> リコネクション®用語集